2018.01.05 印刷

本の付録でアナログ活版印刷機体験!

発売1カ月前の告知ツイートが、一晩で1万リツイート超を記録した話題の一冊
2017年12月15日(金)に発売された「大人の科学マガジン 小さな活版印刷機」
(学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ) 3,780円(税込み)

昨年に予約注文していたので無事手元に届きました

「小さな活版印刷機」さっそく組み立ててみました

レトロでかわいい活版印刷機の完成!

 

 

活字は全部で162文字。ひらがなとアルファベットと数字とがついています。
ひらがなは「秀英明朝」、アルファベットと数字は「Century」です。
これをひとつひとつバラすのが結構手間・・・。
「バリ」の部分を残さないようにはさみで切り離すってなってたけど、
ペンチでグルグル回した方が早かったですね!

作品を作ってみました

ん〜。何とも言えないアナログ印刷ならではの味わいと言いたいところですが結構難しいですね・・・

私がデザイン業界に入った2002年頃にはすでに、グラフィックデザイン制作はMACでの制作となっていました。キーボードをたたくだけで文字組版も画像もすべてを仕上がりに近い状態をモニターで確認でき、製版まで可能となっていました。話には聞いていましたが、実際の活版印刷を身近で見る機会はありませんでした。

期待せずに予約購入した同書ですが、
こんなに小さい付録の活版印刷機でも活版印刷の魅力が体験できました。
活字のかすれとかにじみ、特に印字の凹凸感はデジタル印刷では出せないアナログ印刷ならではの味わいが実感できます。
インキののせ方や紙の種類を変えると、また違った刷り物を作り出すこともできます。
文字を間違えて逆さ向きに置いてしまっったり・・・。デジタルならこんな失敗はできないですからね・・・。

購入情報

ちなみに、発売前に異例の“2度の増刷”が決定したこの人気書
最近では、活版印刷を体験できるワークショップの開催もされていますが自宅で手軽に楽しみたい方は
AmazonやHMV&BOOKSでは2018年2月28日に入荷予定となっていましたのでぜひ。

「大人の科学マガジン 小さな活版印刷機」
(学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ) 3,780円(税込み)
Amazon  URL http://urx.mobi/I6fx
HMV&BOOKS  URL http://urx.mobi/I6fH