30周年記念式典チラシ・ポスター

講演テーマの「安楽死か尊厳死か」をイメージし、生命力溢れる爽やかな感じでデザインいたしました。また、来場者はご高齢の方が多いのでフォントは柔らかい雰囲気で読みやすい丸ゴシックを使用しました。
若い方にも興味を持ってもらえるように、公開前にちなんで、大鐘先生の著書「孤高のメス」の現物を滝沢秀明 最後の主演の帯付きで撮影し掲載。

反響は、「広告の力で事前予約は予定の300名を遥かに超え、途中で止めることになりまして、当日は分かっているだけでも予約無しの方が100名を超え、それ以外にも沢山の方が来られたのですが、会場に入れない方々は全て断る形になってしまい・・・
お蔭さまで非常に盛大に行う事が出来ました。」とご担当者様よりご報告のメールをいただいています。